お知らせ

お知らせ

BLOG

2016年10月3日

肩が痛いと言えば『五十肩』???

こんにちは。
藤沢市辻堂で、病院の薬や手術に頼ることなく
あなたの”からだ本来の健康を取り戻す”お手伝いをする
『背骨と神経の専門院』マハロカイロプラクティックオフィスの太田です。


肩が痛くて病院に行くと、ほとんどの場合

 

 

先生から「五十肩ですね。」「四十肩ですね。」

 

と言って片づけられてしまう。

 

 

あなたも言われたことがあるかもしれませんね。

 

 

これは、40歳、50歳代を中心とした中年以降に、とくに大きな原因もないのに

 

肩に痛みが起こることが多いことから、肩関節周囲の炎症の総称として定義されています。

 

 

三十肩というのはあんまり聞きませんけど、

 

ごくたまに30代でも同じように肩の症状を訴える人もいます。

 

 

 

 

だから、ほとんどの人は肩が痛くなると

 

 

「私は五十肩だ」と思いこんだり

 

「先生、肩が痛いんですけど、五十肩でしょうか?」

 

と心配して聞いてきたりします。

 

 

 

そうとも言えますし、そうでない時もあります。

 

実際に「ただの肩凝り」だったり…(笑)

 

本当の五十肩になってしまったら、まあ厄介です。。。

 

 

ここで簡単に肩の構造の話をしておきます。

 

 

 

肩というのは、ご存じのとおり、グルグル大きく回したり、

 

色んな動きをすることができます。

 

このように肩関節というのは、体の他の関節よりも

 

可動域(動かせる範囲)がとても広い関節なんです。

 

 

だから、その分逆に弊害も起こってきやすいところでもあります。

 

 

 

肩関節は主に上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられていて、

 

肩を大きく動かす為にそもそも、関節のつなぎ目が浅くなっています。

 

そんな不安定なところなので、回りの小さな筋肉や靭帯で関節をしっかり支えています。

 

 

ですので、肩を酷使することによって炎症や損傷が起こりやすく、痛みや可動域の制限が起こると考えられています。

 

また、その炎症は、肩関節周囲の筋肉や滑液包(関節周囲にある袋のことで、関節の動きを滑らかにするもの)にも広がることがあり、どんどん肩の動きが制限されていってしまいます。

 

 

 

だから、本当の五十肩になった人は大変です。

 

肩なんて、ぜんぜん上がりませんからね。

 

体に腕をつけた状態から、30度も上げられない人もいます。

 

そうなったらなかなか長引きますから気を付けてくださいよ~。

 

 

 

でも病院で『五十肩です』と診断されてウチに来院されても

 

実際に肩の検査をしてみたら、意外に動かせたりしますから

 

一概に、肩が痛いイコール「五十肩だ!」

 

と心配されないように。

 

 

ただ、肩関節はお話ししたように複雑な構造をしていますから

 

 

色んな障害が起こりやすい場所でもあります。

 

 

原因をしっかり見極めて対処していく必要があります。

 

 

次回は、この五十肩改善のための大きな一歩となる

 

 

腰痛と五十肩の関係についてです。


今まで
何件もの病院や治療院に通ったけれど、なかなか良くならない
腰痛・坐骨神経痛・手足の痛みしびれ・頭痛・自律神経の問題等…

いったいどこに行ったらいいの???
と悩まれている方は

一度、マハロカイロプラクティックオフィスまで
ご相談下さい。

⇓⇓⇓
Mahaloカイロプラクティックオフィス
0466-33-2440

診療時間
平日 9:00-11:30 14:00-17:00
休診日 月曜/木曜/日曜午後(不定休)

カテゴリー

  1. ホーム
  2. /
  3. BLOG
  4. /
  5. 肩が痛いと言えば『五十肩』???
PageTop