藤沢 辻堂 茅ヶ崎で本当に結果を出すカイロ・整体をお探しなら、腰痛・坐骨神経痛"改善率93%!"のマハロカイロへ!

Mahaloカイロプラクティックオフィス


腰部脊柱管狭窄症について

『腰部脊柱管狭窄症』

腰部脊柱管狭窄症とは、主に腰の神経、つまり馬尾神経や神経根という神経の通り道(脊柱管)が狭くなることにより、神経が圧迫された時に起こる状態です。

kyosaku1.jpg
kyosaku2.jpg

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰の病気というと"腰痛が"頭に浮かぶと思いますが、腰部脊柱管狭窄症というのは、足の症状、特に『間欠性跛行』というのが特徴的です。

これは、「歩くと足がしびれたり痛んだり、あるいはこわばってきたりして、休憩するとそれが楽になる」という症状です。

この症状が、両足あるいはお尻あたりから足全体がしびれてくるものを馬尾性の間欠跛行といいます。
この他、片方の足のみが痛んでくる神経根性の間欠歩行というものもあります。
この間欠跛行がひどくなると、歩行距離が段々短くなっていきます。 最初のうちは200~300m歩けていたのが、100m、50mになったりすることもあります。

さらに症状が進むと「安静にしていてもしびれてくる」、「足の裏に何か張り付いている」 というような症状や、腰痛がひどくなる方もいます。中には筋肉の力が落ちてきたり、あるいは膀胱や排便の機能が低下してしまう排尿障害や直腸膀胱障害なども起こしてしまいます。
このように腰部脊柱管狭窄症は、様々な症状を出す特徴があります。

間欠性跛行とは

通常、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は腰椎前屈位(腰を前屈させること)によって坐骨神経が引っ張られ、症状が悪化する傾向があります。
これに対して脊柱管狭窄症では、腰椎後屈位(腰を後屈させること)で狭窄(すぼまって狭くなること)が悪化します。
このため、立位や歩行で下肢の痛み・しびれ・つっぱり感が出現し、前かがみで少し休むとまた歩けるようになるのです。

この間欠性跛行は、閉塞性動脈硬化症 (へいそくせいどうみゃくこうかしょう)のような血管の病気でも起こるため注意が必要です。
脊柱管狭窄症の場合、立っているだけで症状が出ることや、手押し車を使った歩行や自転車などでは症状が出にくいなどの血管性と異なる特徴があります。
一方、閉塞性動脈硬化症の場合は姿勢を前屈みにしても症状の変化がでません。
血管性病変の評価として、まずは下肢の動脈拍動を触知してみたり、さらに上肢と下肢の血圧の比(ABPI)の程度を調べる方法などもあります。

腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症の原因には様々なものがありますが、多くは加齢に伴う変化や負荷をかけ過ぎた骨・関節・椎間板の変化、靭帯の肥厚などによるものです。
例えば、椎間板ヘルニアによる神経の近くにある椎間板の膨隆や、椎間関節にできた骨棘(骨が棘状に変性したもの)などが神経の通り道を狭くすることがあります。 また、すべり症(特に腰椎変性すべり症)は、腰の骨がずれることによって神経の通り道が狭くなり、腰部脊柱管狭窄症となる場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症の診断

一般的には、身体検査や問診では「間欠性跛行の有無」、「痛くなるまでに歩ける距離や時間」、「腰を反らすと症状が悪化するかどうか」、「症状の出方や出ている部位」、「筋力低下や知覚の障害の有無」など、脊柱管狭窄症の主な症状を確認します。

画像診断ではX線検査(レントゲン)、CT検査、MRI検査を行います。
X線検査だけでは脊柱管狭窄症があるかどうかの確定は出来ません。しかし、「腰椎の不安定性の有無」、「骨のずれの有無」、「骨折や側弯(そくわん)の有無」などが判る重要な検査の一つです。

腰部脊柱管狭窄症で最も重要な検査はMRI検査です。MRI検査により狭窄の有無や程度を確認することができます。しかし、閉所恐怖症の方、ペースメーカーなど体内に金属が入っている方の場合はMRI検査ができない場合があります。
そのような場合、1日程度の検査入院の上、脊髄造影検査が必要となります。また、MRI検査ではっきりしない場合も造影検査が必要となります。

腰部脊柱管狭窄症の治療

まずは保存療法として、神経を圧迫するような動作や姿勢を避けることです。背中を反らせる姿勢は、脊柱管をより狭くして神経を圧迫するので、脊柱管を少し広くするためには、歩く際に前かがみの姿勢を心がけます。

症状が出る前に休憩をとったり、杖や手押し車を使うなど、日常生活を少し工夫することでかなり症状を軽減できます。また、腰椎の伸展位を防ぐコルセットを使う方法もあります。

薬物療法では、一般的な消炎鎮痛薬のほかに神経の血流を促進する血流改善薬が使われます。また、痛みが強い場合は神経ブロック(硬膜外ブロック・神経根ブロック)が行われます。神経ブロックを数回行うことで痛みが軽減することもあります。さらに牽引や温熱慮法などの理学療法を併用して治療します。

このような治療を行っても症状が改善しない場合は、手術療法を考えます。
手術療法の基本は、狭くなっている脊柱管の部分を広くして神経の圧迫を取り除くことです。方法には「開窓術」「椎弓切除術」「脊柱管拡大術」などがあり、神経の圧迫の部位や範囲により選択されます。椎体同士の動きが大きかったり、腰痛が強い場合などは脊椎固定術を併用する場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症かもしれないと気づいたら・・・
前述の間欠性跛行がある場合は、早めに整形外科を受診して診断をつけることが重要です。
年齢のせいだろうと放置すると、知らない間に症状が進行することがあります。とくに、安静時に両脚のしびれや麻痺がある場合は、重い症状であるという認識が必要です。


『腰部脊柱管狭窄症』を根本改善したい方はこちら
→http://mahalo-body.com/pages/cat/003185.html

Mahaloカイロプラクティックオフィスのご案内

住      所:
〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂3丁目1-55
アクセス:
JR辻堂駅南口より徒歩5分!
お問い合わせ・ご予約
0466-33-2440
営業時間:

平日9:00〜18:00
土日祝9:00〜18:00

休業日:
月曜日・木曜日・日曜午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ